設備分野

縦型ミル

粉砕用ローラーにより、原料同士を磨り潰して粉砕(磨砕)する要領です。同形式のレイモンドミルと比べると、金属片の混入が少ないと言われています。

インペラブレーカー

投入された原鉱は、高速で回転している打撃板から衝撃を受け、衝撃板に投げつけられ、また撥ね返ってくる時に原鉱同士で衝突し破砕されます。
圧縮力による粉砕とは異なる為、形状がより立方体に近いと言われています。

アトマイザーと撹拌機

ディスク式のスプレードライヤーです。微細に粉砕された原料をスラリー(泥)状にした物を、熱風で吹き上げ乾燥し、顆粒状にします。乾式成形する為の原料を製造する設備として使用されています。