FRP

FRPはリサイクルで生まれ変わります。

FRPとは、Fiber Reinforced Plasticsの略。
Fiber=繊維で、Reinforced=強化された、Plastics=プラスチックのこと。
繊維と樹脂を用いてプラスチックを補強することにより強度を著しく向上させたもの。宇宙・航空産業をはじめバイク、自動車、鉄道、建設、医療等のさまざまな分野で用いられています。
また、いろいろな形状になじみやすいので、様々な反転ができ、形状の自由度が高い。

FRP製遊具は、廃棄寸前の物でも補修、補強を施し、再塗装すれば、新品同様の製品に生まれ変わります。
FRP製品を再生させることは、環境に配慮したリサイクル品となり、より経済的でもあります。

FRPの特徴

FRP

  1. 高強度である
    (船舶・航空機・車両パーツ など)
  2. 耐候性耐食性に優れている
    (水槽・薬品タンク など)
  3. 耐熱性断熱性に優れている
    (ユニットバス・保冷車・コンテナ など)
  4. 電気絶縁性に優れている
    (プリント基板・MRI・CTカバー など)
  5. 電波透過性に優れている
    (レドーム・シールドモーター など)
  6. 光透過性に優れている(採光板・波板 など)
  7. 弾力性造形性着色性に優れている
    (スキー板・ウオータースライダー・マネキン人形・遊具 など)
  8. 軽量である(風力発電用風車ブレード など)
  9. 修復がしやすい

このページのトップへ↑