ハンディウッド

ハンディウッドの特徴

ハンディウッドは木質合成板建材として特許を取得しています。

高品質・エコ素材

エコマーク

  • 体積の70%を木が占めるため、天然木を思わせる質感です。
  • 燃やさない、捨てない、多回リサイクル可能なマテリアルです。
  • 製品のライフサイクル全体を通して環境への負荷が少なく、環境保全に役立つと認められ、エコマーク商品に認定されました。
  • JIS規格(木材・プラスチック複合材料 A5741)準拠
    ハンディウッドは最もレベルの高いリサイクル [R90] に相当します。

ハンディウッド配合

配合比 合計 100%
木質材料 粉体リサイクル木材類
リサイクル使用率100%
40%以上
プラスチックス材料 再生プラスチック類
リサイクル使用率100%
50%以上
その他材料 機能系添加剤 3%未満
高耐候性顔料・その他 7%未満

ハンディウッド物性データ

区分 項目 試験結果 備考
品質事項 性能事項 単位 基準値 評価
基本物性
(素材性能)
密度・比重 真比重 - 1.173 0.8~1.5
吸水特性 吸水率 0.72% 10%以下
長さ変化率 0.01% 3%以下
強度 曲げ特性 Mpa 20.9Mpa 20Mpa以上
衝撃強さ kJ ⁄ m² 6.67kJ ⁄ m² 0.5kJ ⁄ m²以上
耐候性 引張強さ変化率 -3.5% -30%以内
伸び変化率 26% 50%以内
基本物性
(実大性能)
曲げ たわみ量 mm 1.3mm 3.5mm以下であること
割れ・亀裂 - 無し 割れ・亀裂のないこと
局部圧縮 部分圧縮強さ N ⁄ mm² 11.4N ⁄ mm² - ○中空材として充分なレベル
滑り 長手方向 C.S.R値 - 0.86 - ◎かなり滑らない
幅方向 C.S.R値 - 1.11 - ◎極めて滑らない
安全性 揮発性物質放散量 ホルムアルデヒド ㎎ ⁄ l 0.1㎎ ⁄ l以下 0.3㎎ ⁄ l以下かつMAX0.4以下
有害物質溶出量 カドミウム・他重金属 ㎎ ⁄ l 0.01㎎ ⁄ l未満(測定限界値)等 0.01㎎ ⁄ l以下 等

※この表のハンディウッドの数値は実測値です。
保証値及び設計値ではありません。

このページのTOPへ

耐久性・耐候性

  • 耐水性能にも優れており、腐ったり、分離・分解したりしません。
  • 吸水、吸湿での寸法変化率は天然木材、他の合成木材に比べて優れています。
  • 天然木に発生する、キノコなどの腐朽菌の害や、シロアリの害もありません。
  • ビスの保持力が高く、ビス打ち箇所からの割れが発生しにくい断面形状です。
  • 紫外線や雨による退色や劣化が少なく、10年後もほとんど変化が見られません。
  • サンシャインウェザーメーター試験結果

試験結果

※5000時間は約10年に相当します。(地域、日照条件により異なります)

このページのTOPへ

利便性・耐候性

  • 電動ノコギリやプレーナー等の木工用工具による切断、切削、穴あけができます。
  • ビス打ちや縦方向の切断箇所が5mmピッチで選べます。
  • 専用アルミ材と組み合わせるとデザイン・用途が広がります。

このページのTOPへ

簡単メンテナンス

  • 2~3ヶ月ごとのブラシ掛けで表面の美しさを保てます。
  • タバコの焦げや、表面の汚れ、傷はサンドペーパー処理で補修可能です。
  • 表面加工の凹凸をあえてばらつかせているため、補修跡や、多少の傷が目立ちにくくなっています。

タバコによる焦げ付きの場合
タバコによる焦げ付きの場合

傷による場合
傷による場合

このページのTOPへ

安心・安全

  • 割れたり、ササクレたりしないので素足、素手にも安心です。
  • ホルムアルデヒドなどの揮発性有害物質の放出はありません。
  • 重金属などの有害物質の溶出も含有もありません。
    重金属などの有害物質の溶出も含有もありません
  • 紫外線の照り返しが南洋材や、磁器タイルより少なく、目や肌にも優しい素材です。
    照り返しが弱い
  • 表面の特殊加工による凹凸により幅方向、長さ方向ともに滑りにくく、雨の日も安心です。
試験方法 乾燥状態 湿潤状態
滑り抵抗係数
(C.S.R)
評価 滑り抵抗係数
(C.S.R)
評価
長手方向 0.86 かなり
滑らない
0.82 かなり
滑らない
幅方向 1.11 極めて
滑らない
1.07 極めて
滑らない

表面ディティール:特許取得済(特許第4134050号)
断面形状:特許取得済(日本・米国・中国)

このページのTOPへ

使用上のご注意

  • 本製品表面に研磨屑が残ることがありますが、他の物へ付着したままにするとまれに色移りする場合があります。
  • 本製品の上で火を燃やしたり加熱したりすると、木と同様に火災の恐れがあったり、変形したりするので絶対におやめください。
  • 本製品の上に重量物を置く場合は、加重が分散するよう敷板などをご使用ください。
  • 破損の恐れがありますので製品の表面に強い衝撃を与えたり、乱暴に扱ったり、目的以外の用途でのご使用をおやめください。
  • 製品表面に灯油やガソリン等の有機溶剤や油類が付着した場合は、変色、変形の要因になりますのですぐにふき取ってください。

このページのTOPへ


このページのトップへ↑